ITパスポート取得講座

講座の目的

本講座は、コンピュータやネットワーク、セキュリティなどITに関する社員全体の理解(ITリテラシ)を
高め、DXやデジタル化に対応できる組織となることを目的に、国家試験で、業務に効果的にITを利活用
することを目的としたITパスポート※の取得を目指すためのものです。

本講座は動画配信にて提供しますので、各章3つの時間帯からご都合の良い時間を選択して
ご視聴いただけます。また、テキストを使って、視聴後の継続学習も可能です。
社員のITリテラシ向上と、今後のデジタル化に対応できる組織を目指し、本講座をご活用ください。

※ITパスポートとは


※音声が流れます。ご注意ください。

(1)ITパスポートの概要 0:32~ (2)試験概要 6:06~ (3)応募者の傾向 13:22~
(4)試験合格に向けて 15:53~ (5)ITパスポート取得講座 23:34~

案内チラシ

日程・カリキュラム

1日3回の動画配信(各日 ①10:00~、②13:00~、③15:00~)
日付 カリキュラム
12.1 第1章 コンピュータの基本
12.7 第2章 計算知識とディジタル化
12.13 第3章 ネットワークとインターネット
12.22 第4章 データベース
R5.1.12 第5章 システムの開発
1.20 第6章 プロジェクトマネジメントとサービスマネジメント
1.26 第7章 セキュリティ技術とセキュリティ管理
2.2 第8章 企業活動と戦略
2.9 第9章 情報システム戦略とITの活用
2.16 第10章 守るべき法令とルール

カリキュラム内容詳細

内容
第1章 コンピュータの基本 Part1 コンピュータはどうやって動いているか?
Part2 データが保存される仕組み
Part3 パソコンの周辺機器とインターフェース
Part4 コンピュータを動かすソフトウェア
Part5 コンピュータを動かすためのシステム
第2章 計算知識と
ディジタル化
Part1 コンピュータで使う「2進数」を知る
Part2 ビット数とコンピュータでの演算の方法
Part3 表計算ソフトで計算する
Part4 ディジタル化と情報を扱うマルチメディア
第3章 ネットワークと
インターネット
Part1 ネットワークの基本的な仕組み
Part2 ネットワークをつなぐ“LAN”
Part3 インターネット通信の仕組み
Part4 電子メールの仕組み
Part5 Webページの機能とインターネットでの通信サービス
第4章 データベース Part1 「データベース」とは何か?
Part2 データベースの基本的な操作
Part3 データベースを管理する機能
第5章 システムの開発 Part1 システム開発の基本と流れ
Part2 システム開発の各工程の役割
Part3 システム開発を進める技法
Part4 プログラミングの基礎知識
Part5 疑似言語
第6章 プロジェクトマネジ
メントと
サービスマネジメント
Part1 システム開発のプロジェクトマネジメント
Part2 ITサービスを提供するための管理手法
Part3 システムの性能評価(稼働率)
Part4 設備管理
Part5データの管理
第7章 セキュリティ技術と
セキュリティ管理
Part1 リスクとセキュリティ管理
Part2 コンピュータウィルスと攻撃の種類
Part3 不正アクセス防止の技術
Part4 暗号化技術を使ったセキュリティ
第8章 企業活動と戦略 Part1 企業活動と人材マネジメントの基礎知識
Part2 決算と財務分析の手法
Part3 業務分析と改善のための手法
Part4 経営の分析手法と戦略
Part5 マーケティングの分析手法と戦略
Part6 事業戦略と技術開発戦略
第9章 情報システム戦略と
ITの活用
Part1 情報システム戦略とシステム活用
Part2 経営・ビジネスでのシステム活用
Part3 エンジニアリングシステムと生産方式
Part4 インターネット上でのe-ビジネス、ITサービス活用
第10章 守るべき法令と
ルール
Part1 知的財産
Part2 セキュリティ関連
Part3 労働・取引関連
Part4 内部統制
Part5 標準化のルール


お申し込み・お問い合わせ

こちらのお申し込み用紙にご記入のうえ、下記いずれかの方法でお申し込みください。
(1)メールに添付してjinzai@hamanako.co.jpへ送信。
(2)FAXで053-416-4001へ送信。

講座案内pdf申込書(word:28KB)

【お申し込み・お問い合わせ先】
(株)浜名湖国際頭脳センター 人材育成担当:米良・佐藤
jinzai@hamanako.co.jp / TEL053-416-4002




FAQ

ここでは、いただいた質問に回答していきます。









人材育成Twitter

会社TOPへ